学ぶほどに悩む:卒論指導調査票

試験が終った翌日から卒論指導調査票の提出に向けて
本格的に卒論準備を始めました。

まず、先行研究ですよね。
そのための本や論文を集めて今、必死に読んでいます。
でも読めば読むほど、迷うし悩む~(泣)

テーマを3段階に分けて考えると、
大枠のテーマはずいぶん前から決めていました。
そして1年ほど前、さらにそこからテーマを絞りました。
しかしその先が絞れないのです。
…というのは先行研究すればするほど見えてくるのです。
「もう誰かが結論出してる!」という事実が…(大汗)

以前、学友Sたんが
「『学術論文は先人たちの研究の上に小石をそっと置くようなもの』らしい」と
教えてくれたのに、今、目の前にたくさんの小石がばらまかれてあって
どれを拾っていいのかわからない感じです。

とりあえず、締め切り日まで先行研究を進めていきます。
「これ!」という小石が見つかることを祈りながら…

ところで…卒論を書かれたもしくは執筆中の皆さまは
「卒論執筆日記」のような卒論に取り組み始めてからの記録というか
備忘録みたいなものを何かに記されているのでしょうか。
執筆内容をブログ等で公にすることはできないので、
あくまで自分だけの記録でありますが、
何か形に残されているのかな、とちょっと気になりました。






[PR]
Commented by 鈴太 at 2017-01-21 00:32 x
卒論テーマの選定は大変ですよね。。。^^;
ですが、いざ、より良いテーマが決まりますと、
そのあとは本当に楽しく調査、分析、執筆ができるようになるのです。

卒論「執筆」ですが、私は10日間ほどでしたので、
備忘録的なものは付けませんでした。
忘れるよりも早く本文自体を書かないと!
って感じでしたね・・・(汗
Commented by eminba67mt at 2017-01-21 07:15
鈴太さま
本当にテーマ選定の難しさを実感しています。
でも…そうですね、
自分の好きな、興味ある分野からの卒論なので確かにテーマが決まれば楽しく取り組めそうですね。

それより鈴たんはいったい何万字の卒論を
10日間余りで書き上げてしまったのでしょうか(汗)
後で直接教えてください(^^)
by eminba67mt | 2017-01-19 15:44 | 卒業論文 | Comments(2)