試験対策ではありますが…:日本外交史Ⅰ&Ⅱ

3連休の最終日となりました。
春のお彼岸ということもあり、おとといはお墓参りに行ってきました。
昨日は親戚がやって来たり、買い物に行ったり…
お休みとは言えど、なかなか落ち着きません。
隙間時間に少しだけ試験勉強を進めています。

テキストは1回通読し、大学から配布されている過去問のチェックは終えました。
今は日本外交史の裏話が書かれた本を何冊か読んでいます。
エピソードが強烈であればあるほど、
記憶としてその出来事が頭の中にクリアに残るからです。
例えば…今年の3月11日、あるアナウンサーの方もおっしゃっていました。
「去年の3月11日に自分が何をしていたか覚えている人は少ないと思います。
 でも6年前の3月11日は皆さんよく覚えているでしょう?」
という感じ。

特に「外交」はドラマチックな場面が多いので裏話には事欠きません。
国と国との対立は最悪の場合、戦争を招きます。
そしてその状況に翻弄されてしまうのは自分たちのような市井の人々です。
そう思うと本に描かれている生々しいやり取りは読んでいるだけで緊張感を伴います。

試験の解答としてはあまり役に立たない情報かもしれませんが、
まずはストーリーとして自分の記憶にインプットしていくことが大事なので、
もう少しこのような本を読み進めていこうかと思います。






[PR]
by eminba67mt | 2017-03-20 07:35 | 科目試験 | Comments(0)