GW後にやるべきこと:卒業論文

久しぶりの更新です(^^)
GWも終わってしまいましたね~

私は...というと
5連休の前半は地元で、後半は東京で過ごしていました。
勉強に関しては卒論のための読書のみ。
Eスクのレポに追われていた昨年とくらべて
のんびりし過ぎてしまったような気もしますが
本を読むことでどっぷりとイギリスにおける上流社会の世界に浸ることができました。

親戚がロンドンに住んでいることもあり、イギリスはいつか訪れてみたい国の1つ。
卒論のための資料収集の旅と称して来年行けるかな~
やっぱり初夏がベストシーズンですかね~(うっとり)

...といろいろ妄想してみたところで、
初回の卒論指導が刻々と迫ってきているのが現実なのです!(汗)
参考文献を読めば読むほど、自分の考えもぐらついてきます。
構成を当初考えたものからだいぶ変えるかもしれないし、変えないかもしれない。
今週は2月の指導調査票提出後に読んだ参考文献をまとめて、
構成をもう一度考えてみることにします。







[PR]
Commented by エマ at 2017-05-09 07:53 x
イギリスの上流社会…私のイメージではダウントン・アビーですかねー(あんまり観てない)
階層がキッチリ分けられてるイギリス社会を理解するのは難しいなぁって思いました。
あまり階層というものが分かれてない私たち日本人の感覚で文献の内容を理解しようとすると
ミスリードしてしまいそうですね。

GW後半、東京にいらっしゃったのですね!お会いしたかったです〜
Commented by eminba67mt at 2017-05-09 15:51
エマさま
確かにイギリスの上流社会というのは独特のものがありますしね~
戦時中でも朝からシャンパン飲んでいたりとか、夜はブランデー飲みながらカードゲームに興じていたりとか、ドロドロ恋愛にのめり込んでいたり…とか(汗)
「贅沢は敵」と教え込まれ、竹槍訓練していた日本人庶民には到底理解できない世界が同時期の遠い異国には存在していたんですよねぇ~

東京といっても都心ではなく、郊外に潜伏していました(笑)
次の機会には連絡しますね(^^)
by eminba67mt | 2017-05-08 13:48 | 卒業論文 | Comments(2)