英語による経済講演会に行ってきました:専修大学・生田キャンパス

一昨日はそのまま都内に宿泊して
昨日はダブリン大学教授ルイス・ブレナン先生による特別講演会に行ってきました。
こちらはシンポジウムと違って同時通訳のレシーバーはありません(汗)
「やさしい英語による...」ということでしたが、先生はあくまでナチュラルスピード。
経済の専門用語もどんどん出てきますし、普段おちゃらけ英会話しかしない私にとって、
90分×2の講義中、ひたすら先生の話す英語に集中することはなかなかハードでありました。
内容は午前が「EUと中国との関係性」The EU-China Relationship
午後が「グローバリゼーション:価値連鎖の側面」Globalization:A Value Chain Perspective
先生が専修大学の特別招聘教授でもあるので、場所は大学の生田キャンパスで行なわれました。
初めての専修大学・生田キャンパス。
とにかく敷地が広大で、ひとつひとつの建物がデカい。
キャンパスの中にトンネルが通っていることにまず驚きました。
講義が行われた第10校舎も学食がある第9校舎も
とてもモダンでカッコいい造りの建物でした(写真がなくてスミマセン)
参加者はどちらかというと年配者が多く、皆さん英語でバシバシ質問されていました。

年齢に関わらず、常に学びの門戸は開かれている…ということですよね。
これからも興味のあるシンポジウムや講演会には積極的に参加していきたいと思います。





[PR]
Commented by かぼす at 2017-10-30 14:27 x
うわ~ ねーさんそんなの行ったんだ。
私だったら絶対聴き取れない(∩´﹏`∩)
そして専修大学のサイトに行って歴史をすぐチェックする私…笑
いいなぁーこういう講演会も、建学の精神に則っているのかもね。
面白い講演が聴けてよかったです!
会ったときまた詳しく教えて下さい^^
Commented by eminba67mt at 2017-10-30 15:27
かぼすさま
さすがかぼすちゃん!チェックが早い(笑)
ブレナン先生の講義を果たして100%理解出来たか、と聞かれるとそれは相当怪しいものがあります(汗)
でも海外の大学に留学するとこういう感じなのかな、なんて思いながら聴いてました。

慶応以外の大学でも無料で参加できる講演会はいろいろありますね。
何かかぼすちゃんの好きそうなモノがあったら声かけますからぜひ一緒に参加しましょう~
by eminba67mt | 2017-10-29 10:25 | ちょっと面白い話 | Comments(2)