カテゴリ:憲法(J)( 8 )

レポ返却:憲法(J)

まもなく安保法案が与党単独採決されます。
しかし反面多くの反対団体も立ち上がっています。
学生による民主政治を考える団体"SEALDs"もそのひとつ。
http://www.sealds.com/
運動の輪を全国に広げています。

そんななか、憲法(J)のレポートが戻って参りました。
あまり自信はなかったけど、

合格! Good Job!! を頂きました。

あとは試験の結果を待つのみ。
でも憲法の勉強は個人的にこれからも続けていきたいと思います。



[PR]
by eminba67mt | 2015-07-15 11:44 | 憲法(J) | Comments(6)
お昼のTVニュースを見ていたら、見覚えのある名前が画面に…
早稲田の長谷部恭男先生でした。
「あ!長谷部先生」と思ったら今度は見覚えのあるお顔が…
「あ!コバセツ」(敬称略…汗)
慶應の小林節先生でした。

お二人と早稲田の笹田先生が本日衆院憲法審査会に招かれ、集団的自衛権の行使容認等についての意見を求められておりました。
先生方の主義・主張はそれぞれ異なるところがあります。
しかし、安倍政権が進める安全保障法制整備については
「憲法違反!!」と意見が一致しておりました。
…ということは今国会でいろいろ審議していることはいったい何なのでしょう。
なんか…虚しい気持ちになります。う~ん(悩)

今、憲法(J)の試験勉強のために節先生と長谷部先生の著書がテーブルの上に重なっております。
単に試験のための参考文献だけではなく、これからの自分たちの問題としてもっとしっかり読み込んでいきたい、と思います。


[PR]
by eminba67mt | 2015-06-04 16:14 | 憲法(J) | Comments(4)

歴史を学ぶ意義

数日前、TVから「ポツダム宣言は、つまびらかに読んではいないが…」という安倍総理の声が聞こえたとき、一瞬私の聞き間違いかと思いました。
国政の最高責任者で、憲法改正の旗振り役である総理が本当にポツダム宣言を理解されていないのでしょうか?

憲法の勉強を始めてから、日本国憲法の素晴らしさを改めて認識します。
特に独裁政権や原理主義の蔓延る他の国々の状況を目の当たりすると、少なくとも自由社会の中で生きることができる私たちは本当に恵まれているなあと思います。

総理はかつて日本国憲法のことを「GHQがたった1週間で作って日本に押し付けたもの」とおっしゃっていましたが、どうしてGHQが1週間で作らなければならなかったのか、その理由をご存じなのでしょうか?
歴史について語るときには1面だけではなく、いろいろな角度から多面的にその時の状況を見て考察しなければなりませんよね。
恥ずかしながら私も歴史について受験で覚えた表面的な出来事ぐらいしか理解していませんでした。
でも、こうして学生として再び学ぶ機会を得られたのですから、どうしてそのような事が起こったのか、なぜ起こさざるを得なかったのか、についてこれからもしっかりと勉強していきたいと思います。


[PR]
by eminba67mt | 2015-05-23 14:08 | 憲法(J) | Comments(0)
先月の試験の結果も発表されましたので、7月は法学(憲法を含む)と憲法(J)を受けます。

憲法(J)のテキストだけでは私の理解が追いつかないので、昨日の夕方図書館に行って、憲法関係の本を何冊か借りてきました。
試験のことで同期のSたんに相談すると、まさに目からウロコのような的確なお答え!
どういうふうに勉強すればいいのか、道筋が見えてきました。

持つべきものは友ですねぇ。
今週はもう一人の友にも助けられました。
飛びきり優秀な2人。ありがたいことです。







[PR]
by eminba67mt | 2015-05-22 14:42 | 憲法(J) | Comments(0)

下書き開始!

憲法(J)の下書きを開始しました。
ここからが長いんだよな、私の場合。
でもせっかくの長いお休みですから無駄にせず、なんとか見通しを立たせます。

スケジュール帳をぺらぺらとめくっていくと、意外と時間に余裕がないのです。
夏スクと週末スクに参加するとなると、8~10月は相当忙しくなりそうだし…
試験に関係なく、レポートはどんどん前倒しで取り組んでいきたいと思います。
真面目にやろう…真面目に!

[PR]
by eminba67mt | 2015-05-02 16:03 | 憲法(J) | Comments(0)

池上さんと小林先生

明日から5連休の方もいらっしゃいますね。

去年のGWは叔父が亡くなり、お通夜、お葬式とバタバタしている間に終わってしまいました。
今年は相方が海外出張中のため遠出の予定はなし。
なので、こまごまとした用事はありますが、この時とばかりレポートの作成を進めていきたいと思います。

憲法(J)は難しいけど、面白いです。
とりあえず条文を全部読んでみたけれど、よくわからないところは池上彰『超訳 日本国憲法』(新潮新書)のお世話になりました。
困ったときにいつも助けてくれる池上さん!心の恩師です(泣)

この池上さんの本にも登場するコバセツ先生の書かれた『白熱講義!日本国憲法改正』(ベスト新書)を前回述べたとおり、読み進めています。
憲法(J)のテーマの参考文献ではなく、あくまで私の勉強としてですよ。
30年前から改憲を訴えていた先生が慶大には憲法の学閥がない、とおっしゃっていたことがとても印象深いです。
上司である先生が部下の先生に対して自分の意見をゴリ押しすることもなく、言いたいことを言い合える雰囲気が慶應にあってうれしいな。これこそ、民主主義ですよね。

[PR]
by eminba67mt | 2015-05-01 17:59 | 憲法(J) | Comments(0)

コバセツ先生!

今日は入学式ですね。
私は都合が悪くて出席できないけど、自分のやる気スイッチ入れるための良い機会だと思います。
ぜひ雰囲気を楽しんできてくださいね。


さて、昨日の朝刊の一面の記事を見て、「むむっ!」っと思った私。
最近、憲法(J)のレポートのために時間をかけて条文を読んでいるのですが、やっぱり気になるところは、安全保障について、です。
「新たな日米防衛協力のための指針〈ガイドライン〉」を細かく読んでいくと、いろいろな疑問が湧いてくるのです。
そこで「憲法」のテキストを執筆されているコバセツこと、小林節先生の著書「白熱講義!日本国憲法改正」を読んでみることにしました。
コバセツ先生の持論は既に存じ上げておりますが、もう少し詳細に知りたいと思いまして。
本の感想は後ほど!

[PR]
by eminba67mt | 2015-04-29 07:50 | 憲法(J) | Comments(0)

憲法(J)のレポートに思ふ

法学のレポートがとりあえず完成しました。
しかし、なんとな~くもやもや感がまだ残っており、投函できません。
もう一度最初からやり直したいという気持ちと、え~い出してしまえっ!という気持ちがぐるぐる回っている感じです。

そんな中で新たに取り組み始めた憲法(J)。
レポートのテーマとはいえ、卒論として取り上げてもいいくらい、ずしりと手応えのある重い内容です。
調べれば調べるほど奥深い憲法の世界。
鬱蒼とした森の中に迷い込んだ心境です。



[PR]
by eminba67mt | 2015-04-27 07:40 | 憲法(J) | Comments(0)

えみんばと申します


by eminba67mt