本日、初回の卒論指導のため三田まで行って参りました~
なにしろ初めてなので勝手がわからず、ドキドキしていましたが、
私が1番目ということもあり、時間の1~2分前に研究室のドアをノック。
「はーい、どうぞー」という優しい声が聞こえてドアを開けると
正面の椅子に先生が座っておられました。
「わ!本物だ!」(←えみんば心の声)
先生に直にお会いするのは今日が初めて。
時々出演されるTVの画面を通してしかお姿を拝見したことがなかったのです。
思っていた通り、とても優しい物腰の先生でホッとしました。
軽くプロフィールについて聞かれた後、
いつ頃の卒業を考えているかとか、残りの単位数の話をしてからいよいよ本題に入りました。

テーマについてはがっつりピンポイントに絞ったのでそこは問題なし。
初回や2回目の指導を通して先生が悩まれるのはやはりテーマをどこに置くか、ということなのだそうです。
それから指導申込票に書いた論文構想を基に話を進めました。
論文構想については内容そのものより、その人の持つ文章力や構成力を先生が見極めるために書かせているのではないか、とふと感じました(あくまで私観ですけど)
あとは次の指導までの宿題をたくさん頂きました(汗)
宿題は上下巻の分厚い本2冊と英語で書かれた本1冊を読んでまとめてくること。
夏スクと10月の試験を考えるとこれは相当タイトなスケジュールになりそうです。

ま!とにかく卒論は自分1人で取り組むもの。
先生はあくまでアドバイザーでしかないのだ、ということを改めて実感しつつ、
次の指導に向けて頑張っていこうと思います。



[PR]
by eminba67mt | 2017-05-18 18:52 | 卒業論文 | Comments(4)

いよいよ今週は初回の卒論指導があります。
うぇ~い、キンチョーするなぁ~
もちろん先生にお会いできるのはすごく嬉しいですし、楽しみです。
でも論文の内容についてきちんと説明できるか心配...
なにしろ時間が限られていますからねぇ。

そして相変わらず論文構成については紆余曲折です。
もちろん「仮」ですが、各章に思うがままに目次タイトルをつけたら
どうみても論文というよりはB級ノンフィクション小説になってしまいました(汗)
うーむ...このまま先生に見せるのは恥ずかしい。なんとかせねば...


まあ確かに「初回指導は先生とのお見合いのようなものだから気楽に臨めば大丈夫」と
諸先輩方はおっしゃってくださいます。
が、私の論文テーマが先生のご専門分野のまさにど真ん中ということもありまして、
(異なる視点で論じますが…)
今は...無鉄砲にも横綱に正面からぶつかっていく小学生力士のような心境なのです。
怖いけど、まずは片手で吹っ飛ばされてきます!



[PR]
by eminba67mt | 2017-05-16 11:00 | 卒業論文 | Comments(4)

久しぶりの更新です(^^)
GWも終わってしまいましたね~

私は...というと
5連休の前半は地元で、後半は東京で過ごしていました。
勉強に関しては卒論のための読書のみ。
Eスクのレポに追われていた昨年とくらべて
のんびりし過ぎてしまったような気もしますが
本を読むことでどっぷりとイギリスにおける上流社会の世界に浸ることができました。

親戚がロンドンに住んでいることもあり、イギリスはいつか訪れてみたい国の1つ。
卒論のための資料収集の旅と称して来年行けるかな~
やっぱり初夏がベストシーズンですかね~(うっとり)

...といろいろ妄想してみたところで、
初回の卒論指導が刻々と迫ってきているのが現実なのです!(汗)
参考文献を読めば読むほど、自分の考えもぐらついてきます。
構成を当初考えたものからだいぶ変えるかもしれないし、変えないかもしれない。
今週は2月の指導調査票提出後に読んだ参考文献をまとめて、
構成をもう一度考えてみることにします。







[PR]
by eminba67mt | 2017-05-08 13:48 | 卒業論文 | Comments(2)

読書してます:卒業論文

著名なフランス文学者である故桑原武夫先生の寄贈した蔵書1万冊を
無断で廃棄しちゃった京都市の図書館のニュース。
本当にびっくりしました。
うーむ…
捨てるならくれっ!と言いたいです。

そして明日は入学式ですね~。
新たに慶應通信で学ばれる皆さま、ご入学おめでとうございます!

さて一方私のほうは、というと、
最近は卒論のための参考文献読みに勤しんでいます。
当たり前のことですが、
卒論はより絞り込んだテーマに取り組むため、
参考文献もさらに専門的なものになります。
ものによっては内容も難解ですので、
読書が終わるとどっと疲れます。

「卒論とは根気」なのですねぇ。はぁ~
GWはせっかくの貴重な時間ですので、
適度にリフレッシュしながらさらに読書を進めていきたいと思います。



[PR]
by eminba67mt | 2017-04-28 08:40 | 卒業論文 | Comments(0)

卒論指導日決まる!

今朝早く起きたので、早速kccをチェックしたら
待望の卒論指導(初回)の連絡が来ていました。
本指導でした。よしっ!

ただ自分が思っていたより、ちょっとだけ早い時期だったので
急激に焦り始めています。
先輩方のブログを拝見すると皆さん念入りに準備されている様子ですし…
とりあえず、与えられた時間を有効に活かせるようにどうするか
しっかりと考えていきたいと思います。

[PR]
by eminba67mt | 2017-04-12 07:36 | 卒業論文 | Comments(2)

バレンタインデーのお返しが早々に届きました~♡

昨夜、kcc学籍情報を確認すると…
卒論指導教員欄のところに希望していた先生のお名前が!!
これって「決まり!」っていうことですよね。
う、うれしい~(泣)

詳しいことはこの場では言えませんが、
私の卒論テーマは外交史です。
本当は某国の政治史について卒論で取り組みたいとずっと考えていたのですが、
西洋外交史を履修してから「外交」の面白さに目覚めました。
主人公は当初のプランと同人物です。
国内政治ではなく、彼の外交政策に焦点を変えました。
面白いですが、なかなかハードルの高いテーマですので
先生に変更を求められるかもしれません。
また予備指導になることも考えられます。
しかし、何があっても卒論に関しては超ポジティブ思考でいこうと決めたので
めいっぱい楽しんでいきたいと思います(^^)





[PR]
by eminba67mt | 2017-03-02 11:04 | 卒業論文 | Comments(8)

今朝kccを覗いてみたら、私の学籍情報照会にも卒論テーマが表示されていて
無事に受付されたことがわかりました。よかった。
(Kぼすちゃん、ありがとう~)

さて、今回卒論の構想を考えるにあたって様々な参考文献・資料を調べました。
テーマの関係で覚悟はしていましたが、かなりの英語文献があります。
しかも本がみんな分厚い…(汗)
何年かかるかわかりませんが、
論文作成期間は人生で一番英文を読むことになると思います。
怖いのは自分が誤訳したまま内容を解釈し、
そのまま論文をまとめ上げてしまうこと……ううっ

しかし…
もちろんあくまで私のテーマに関しての主観的な感想ですが、
やはり興味深いのです、海外の文献の方が。
例えばある人物について書かれたショッキングな内容でも、
海外の文献の方がかなり赤裸々でかつ情報が細かいです。
たぶん英語という言語のせいかもしれませんね。
でもエピソードとしてより強く印象に残りますし、
些細なことでも、実はその人物の人間性を証明するような重要なポイントに
繋がっていたりします。

まあ、そのようなわけで、
卒論は大量の英文を読んで理解するという闘いでもあります。
まさしく「大変なのはこれから」ですね。
時間がかかっても地道に取り組んでいきたいと思います。










[PR]
by eminba67mt | 2017-02-16 15:46 | 卒業論文 | Comments(2)

とうとう送っちまいました…
初回ということもあり、「申請」をぽちっとするときはちょっと緊張しました。

締め切りは明日ですが、
今回一緒に申請する学友の皆さんも既に提出されていますし、
今日はなんといってもバレンタインデー!!
思いを告げるための大事な日なのです♡

この思い…愛しい先生に届くでしょうか…


[PR]
by eminba67mt | 2017-02-14 14:08 | 卒業論文 | Comments(0)

卒業論文指導調査票の締め切りまであと3日。
あとは提出するだけ…とのんびり構えていましたが、
昨日のSたんのブログを読んだ後に
ふと自分の調査票を読み返してみると…

アプローチの仕方においていまいち具体性に欠けていることに気がつきました。
もちろん、こういうふうに書いていきたいというプランはあるのですが、
上手く調査票上に表現出来ていなかったのです。
字数制限もありますし、
具体的には先生との面談で話せばいいかな、なんて思っていたり…
しかし、調査票でさえ自分の考えがきちんと表現できないようでは
ましてや論文なんぞ!書けるはずがありませんよねぇ(しみじみ)

まだ時間はありますので、
もう一度内容をチェックして書き直したいと思います。
そして気づかせてくれたSたんに感謝します。


[PR]
by eminba67mt | 2017-02-13 08:56 | 卒業論文 | Comments(0)

久しぶりの更新です。

試験が終わってからほぼ2週間。
ずっと卒論のテーマ選定に没頭していました。
そして目の前にいくつかあった最終テーマの中から3つ選択して検討しました。
1つはお風呂に入っているとき、ある仮説が突然頭の中に降りてきて、
あたかもまるで大発見したかのごとく、一瞬その時興奮したのですが、
もちろん学術的にきちんと証明しなければ論文としては成り立たないわけで…
それに私なんぞが考えつくのだから世界中の誰かがとっくに気がついて
もうどこかで発表しているかもしれないわけで…
いやそんなこと、実は研究者の間なら周知の事実で
今さら発表するようなことではないわけで…
しばらく悶々として、結局却下いたしました(汗)
この「自称仮説」についてはいつの日か担当の先生に伺ってみたいと思います。

さて、残るは2つ。
どちらのテーマから本題に迫るか悩みましたが、
いろいろ考えて1つ選択しました。
ただもう1つの方が内容としては面白いので、
こちらも一応予備のテーマとして置いておくことにします。

そんなわけで、今週末は論文構想の作成に取り掛かります。
テーマ選定は本当に悩みましたし、『三色旗』を何度も読み直しました。
しかし…
それでも自分の一番興味のある事について考える時間はやはりシアワセであります。





[PR]
by eminba67mt | 2017-01-28 11:30 | 卒業論文 | Comments(2)