<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

来たる年に向けて

16年間父を自宅介護して、そして見送った後、心にぽっかり穴が開いてしまいました。
しかし、介護から離れたこの自由な時間がどうしても父からの贈り物のような気がして、無駄にはできないと思い、今年学生に戻ることを決意しました。

ブログを通してたくさんの先輩、同期の皆さまに出会えましたこと、感謝しております。
インターネットがない時代の通信生は本当に孤独だったんだろうな、なんて思いつつ。

科目試験の勉強中ですが、「保健衛生」って医学用語のオンパレードで日頃使わない漢字が満載ですね。
試験の時、全部ひらがなで書くのはおバカっぽいし、かといって間違った漢字を書くのは以ての外。
でも「保健衛生」のテキストを読んでいると本当に為になります。
無駄な勉強はひとつもないって事ですね。
記憶力が衰えてきている昨今、ひたすら何度もテキスト見直し作戦で試験を頑張りたいと思います。

では、皆様、来年もよろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えください。



[PR]
by eminba67mt | 2014-12-31 13:44 | 科目試験 | Comments(0)

明菜さま

全盛期は特別ファンではなかったけれど、同年代として彼女の復帰はとてもうれしいです。

カラオケでもたくさん歌ってきたし、「セカンド・ラブ」は今でも名曲だと思っています。

大晦日の夜に楽しみが出来ました。

[PR]
by eminba67mt | 2014-12-29 16:09 | ちょっと面白い話 | Comments(0)

レポート書きたいなあ

最近は試験勉強に集中しているため、レポートの作成はひとまずお預け状態です。
しかしながら、勉強の合間にもレポートに粛々と取り組まれている学友の姿を見ると、自分も書きたい、追いつきたい、という衝動にかられます。

今まで提出したレポートは英語Ⅱ、Ⅲ、Ⅶ、そして保健衛生です。
有難いことにすべて合格を頂き、今静かに私のクリアファイルの中で眠っております。
許されるのなら合格クリアファイルコレクションを増やすべく、頑張りたい。
でも今は試験勉強の方が大事。
心の中で葛藤しています。

[PR]
by eminba67mt | 2014-12-27 15:49 | 科目試験 | Comments(8)
ちなみに花組芝居のタイトルの中では「真夏...」でなく、「夏の…」となっておりますが、ここは坪内先生に敬意を称して先生の訳された通り、「真夏の…」といたします。

この「真夏の夜」は夏至祭前夜のことで、イギリスにはその夜に魔女や精霊たちが現れるという言い伝えがあるそうです。(花組芝居「夢邪想」パンフレットより)
日本のお盆にどことなく似ていますね。
芝居の最初に森の妖精たちの踊りは日本三大盆踊りのひとつである秋田県の西馬音内盆踊りを参考にされています。
顔を布で隠して踊るその姿は犬神家の佐清の姿ともリンクしているように感じました。
ただ、日本のお盆と異なるのは、その夜、人々が思い切り解放されて弾けてしまうことなんです。

昭和18年学徒出陣前の医学生が森に迷い込み、一夜の夢を見るお話はとても暴力的でエロティックでありました。
シェイクスピアの「真夏の夜の夢」からも同じ匂いがすることでしょう。
ぜひ、機会があれば、こちらの舞台も観てみたいと思います。





[PR]
by eminba67mt | 2014-12-25 14:33 | ちょっと面白い話 | Comments(0)
花組と言っても宝塚ではありません。
先週の土曜日、池袋の”あうるすぽっと”という劇場に
花組芝居という劇団のお芝居を観に行ってきました。
花組に出会ってから早20年。役者は全員、男性です。
毎回、刺激的で妖艶な舞台を見せていただいております。
今回は「夢邪想ーシェイクスピア”夏の世の夢”より」です。
脚本は青年座の女優さんでもある秋乃桜子さん(役者名は山像かおりさん、声優としても活躍されています)。
演出は劇団主宰の加納幸和さん。
加納さんは日大芸術学部出身ですが、卒業論文で芸術会賞を受賞した才能の塊です。
卒論で担当教授を超えるものを書くって凄過ぎません?尊敬いたします。

作品は確かに「真夏の夜の夢」をベースにしていましたが、翻訳モノではありませんでした。
舞台は昭和18年の日本。
パンフレットに記載されていた通り、雰囲気はシェイクスピアというよりは横溝正史の世界でした。
また秋乃さんが坪内逍遥訳の「真夏の夜の夢」を参考に書かれたためか、セリフ回しもその当時の話し方をしており、さらに淫靡な世界になっておりました。
「真夏の夜の夢」の中では妖精パックによって、登場人物たちの人間関係が崩れていきます。
横溝正史「犬神家の一族」でも佐清(すけきよ)の登場によって、犬神家の統制が崩れていきますよね。
そこに共通性を見出す加納さんはすごい人だな、と思います。

長くなりましたので、続きはまた後で。



[PR]
by eminba67mt | 2014-12-22 09:35 | ちょっと面白い話 | Comments(0)

私が学ぶ意義

オーストラリアのシドニー、そしてパキスタンのペシャワル、と悲しい事件が相次いでいます。
どうしてこういうことが起きるのか、メディアはいろいろと原因を報じているけれど、その根本にあるものをどうしても知りたいです。
どちらの事件も後ろにはアメリカの影が見えますし。

いつか専門の先生方から直接お話を伺いたいです。
そのためには自分の知識も満タンにしておかなければ…
歴史、宗教、文化など、そのときまでに学ぶことが満載です。



[PR]
by eminba67mt | 2014-12-17 13:22 | 世界の出来事 | Comments(0)

2人の言葉から学ぶ

奇しくもノーベル賞を受賞した天野先生と先日GPFで優勝した羽生選手が同じことを言っていました。
「今やるべきことに全力で取り組むこと」
さらに羽生選手は
「ただ漫然とやるだけではだめ。具体的に戦略的に取り組むこと」

科目試験の勉強に取り組む私にはありがたいお言葉。
確かにテキストの要点をただノートに書き写していても何も頭に残りません。
もっと戦略的に考えて勉強の計画を練らなければ!

[PR]
by eminba67mt | 2014-12-16 23:19 | 科目試験 | Comments(0)

最高裁国民審査って何?

来たる14日は衆議院選挙ですね。
あまり盛り上がっていないし、誰に投票していいのかもよくわからない。
でも、680億円も費用がかかっているんだから棄権するのもしゃくだし、
何よりも安倍政権に4年間の白紙委任状を渡す勇気がありません。
そして「ああ、あの選挙の時が…」って後から後悔したくないので、とりあえずよく考えて投票したいと思います。

ところで、同時に行われる最高裁国民審査についていったい何人の方が理解して
投票しているのでしょうか?
お恥ずかしい話ですが、法学部で学ぶ身ながら私自身もよくわかっていませんでした。
そこで、この「ポリタス」《 http://politas.jp/》というサイトをチェックしてみてください。
いろいろな方の意見を知ることができますよ。
ぜひ参考にして、投票に行ってみてはいかがでしょうか。


[PR]
by eminba67mt | 2014-12-10 07:37 | ちょっと面白い話 | Comments(4)

科目試験に向けて

風の強い師走の火曜日、いかがお過ごしですか?
皆さま、レポートお疲れ様でした!

私も先月末まで文学のレポートに奮闘しておりましたが、一通り読んでみるとあまりの内容の薄さに愕然!
仕方なく、次回のレポート提出に回すことにして早々に試験勉強を開始しました。
今回は、保健衛生、英語Ⅱ、そして英語Ⅶを受けます。
勝手のわからない試験に今から緊張しておりますが、やるしかない…ですね。
年末年始は面倒な用事が山積みです。
お正月には大勢の親戚が来襲してくることでしょう。

時間があるときに、テキストを読み直して、過去問のチェックから進めています。

[PR]
by eminba67mt | 2014-12-02 11:11 | 科目試験 | Comments(8)

えみんばと申します


by eminba67mt