<   2015年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

アメリカ政治史は来年度(10月)からの履修科目です。
でも、9,10、11月と仕事も忙しいですし、スクや試験もありますので、市販テキストということもあり、早めに始めました。
夏スクの2期が始まるまでに終わる気がしませんが、やるだけやってみます。

早速、昨日の朝一で図書館へ。
市販テキストは読み終えてあるので、何冊か参考文献になる本を借りてきました。
そんなとき、ふと目に留まった一冊の本。
私がいつか卒論で書きたいと思うテーマについて書かれたものでした。
思わず立ち読み!
今まで知らなかった事実を知り、胸が熱くなりました。
政治ってやはり人間ドラマなんですねぇ。

[PR]
by eminba67mt | 2015-07-29 07:31 | アメリカ政治史 | Comments(0)
地学のレポートをやっと書き終えました。
本を読むのも、文章を書くのも、私の場合とにかく時間がかかります。
ひと通り書き終えるともちろん読み直しますが、そのとき大事にしているのは読んでいるときのリズム感。
読む人が気持ちよく読めるように助詞や句読点の使い方には注意をします。
でもこれがなかなか難しい。
何気ない言い回しでも、熟考するのでさらに完成に時間がかかってしまうのです。
こんな苦労をせずにさらさらっと文章が書ける方もいらっしゃるはず。うらやましいです。


[PR]
by eminba67mt | 2015-07-28 15:12 | 地学 | Comments(0)

週末スク

PC関係のトラブルがあったり、家族の用事があったりで、しばらく更新できませんでした。

今日も相変わらず、太陽が照り付けています。暑いです。

ところで、週末スクの仮履修の通知が届きました。
第1希望の英語Wは外れてしまいましたが、第2希望の刑法を受講できます。
先輩絶賛の井田先生の講義ですので、すごーく楽しみ!!
せっかくの機会だから、レポにも来年度挑戦しようかな。
とりあえず、講義用テキストを注文して読んでみたいと思います。



[PR]
by eminba67mt | 2015-07-25 14:51 | 週末スクーリング | Comments(2)

とりあえず、出す!

又吉(敬称略?)すごいなあ~。
上質の文学をたくさん読むと自分の文章力もどんどん磨かれていくのかなあ~

そんなわけで、改めて自分の地学のレポートを読み返すと、下手くそな文章に
がっかりします。
でも書き直す気力がなく、とりあえずできた1回目と2回目を今日提出します。

あと3回目と4回目をなんとか終わらせないと、次に計画に進めません。
苦手科目を勉強するってツラいですねぇ。
修行だっ、これは!



[PR]
by eminba67mt | 2015-07-17 07:22 | 地学 | Comments(2)

レポ返却:憲法(J)

まもなく安保法案が与党単独採決されます。
しかし反面多くの反対団体も立ち上がっています。
学生による民主政治を考える団体"SEALDs"もそのひとつ。
http://www.sealds.com/
運動の輪を全国に広げています。

そんななか、憲法(J)のレポートが戻って参りました。
あまり自信はなかったけど、

合格! Good Job!! を頂きました。

あとは試験の結果を待つのみ。
でも憲法の勉強は個人的にこれからも続けていきたいと思います。



[PR]
by eminba67mt | 2015-07-15 11:44 | 憲法(J) | Comments(6)

夏スク・英語の予習開始

あっついですね~
今日は今年で1番暑いでしょうか。
来月の夏スク…う~ん。耐えられるかなあ。

さて、地学のレポは相変わらず苦戦中です。
7月中に終わらせるつもりでしたが、果たして予定通りに進むか微妙です(汗)

そんな中で、気分転換も兼ねて夏スクの英語の予習も始めました。
既にテキストが手元にあるので、夏スク期間中に予習に追われないように今から準備をしておきます。
正味5日間(6日目は試験のため)の授業でテキスト1冊を終えることはできないと予想されますが、内容も面白いですし、英文も読みやすいため、なんとか全部に目を通して予習ノートが作れそうです。


[PR]
by eminba67mt | 2015-07-13 15:00 | 英語 | Comments(0)
正式な履修は10月からですし、今は地学のレポートに専念しなければならないため、
寝る前のわずかな時間にアメリカ政治史の市販テキスト『アメリカ史』を読んでいます。

興味のある分野だけに読んでいてとても楽しいです。
いつか卒論を書くときに、取り上げてみたいと思う政治家の名前をテキストの中に発見!
実はあまり日本では有名な人ではないので、人混みの中で知り合いを見つけたように感動しました。

有名ではない、ということは日本での資料集めは苦戦が予想されます。
私の手には負えないかもしれない。
でも時間をかけても取り組んでみたい。
そんな魅力的な人物です。

まあ、今はネットのおかげで世界中の図書館から資料が取り寄せられますし。
ありがたいですよね。
その前にもっと英語の勉強しなくちゃ!(汗)

[PR]
by eminba67mt | 2015-07-10 11:00 | アメリカ政治史 | Comments(4)

地学レポに苦戦

科目試験が終わって私にとってのマスト科目、地学のレポートに取り組み始めました。
しかし、理系苦手の私にとって、なんとなく気持ちが乗らないのです。
と、なると…

気持ちが乗らない→うまく理解できない→わからないまま書いてみる→わからないまま提出
→案の定不合格!…ってことになりかねません。
これでは法学のレポを書いたときと同じではないですか。

気持ちが乗るまで待つしかないのでしょうかねぇ。
いつ乗ってくるのかなぁ。

[PR]
by eminba67mt | 2015-07-09 07:39 | 地学 | Comments(4)
読みかけていた佐藤優氏の著書「世界史の極意」(NHK出版新書)を昨日読み終えました。
話題の本ですので、読まれた方もいらっしゃると思います。

これは、単なる年表を見ながら歴史の事実を伝える本ではありません。
これは歴史を通してものの見方のトレーニングするための本です。
つまり、過去に起きたことをアナロジー〈類比〉することによって、現在の出来事を考えるセンスを養うトレーニングをするのです。「類比」とは似ている事物を結び付けて考えることです。

佐藤氏によると、2008年のリーマンショックをきっかけに世界は「新・帝国主義」になっている、とのことです。
もちろん、かつての帝国主義とは異なります。現代は植民地支配なんてないですものね。
しかし、中国の領有権の主張やウクライナの危機、そして今話題のギリシャにひたひたと近づいてくる中国とロシアの思惑を考えてみると、なるほど、歴史は繰り返されている、と思います。

この新・帝国主義を考えるには資本主義の本質を見極めてみる必要もあります。
佐藤氏の考える資本主義はマルクスの「資本論」と「資本論」を解釈した宇野
弘蔵氏の経済学をベースにしています。
私はまだ不勉強で宇野先生の本は読んだことがありません(汗)
これから読んでみようかな。果たして理解できるでしょうか…

それから佐藤氏おススメ本、日大の水野和夫先生の「資本主義の終焉と歴史の危機」(集英社新書)
この本もかなり売れているので今さらという感じですが、先生のユニークな考え方、すごく面白いです。

10月からの次年度は歴史科目をたくさん履修する予定ですので、「類比」のトレーニングを積んで、レポートに役立てていきたい、と思います。





More
[PR]
by eminba67mt | 2015-07-07 16:05 | 世界の出来事 | Comments(0)

先走ってテキスト購入

ホントにギリシャって興味深い国ですよね。
ビーチにいたギリシャ人のおじさん曰く、
「俺たちゃあ、金儲けのために生きてんじゃねーよ。人生楽しむために生きてんだっ!」
確かにそれってステキ。
でも…
借りたお金は返そうねっ!


さて、試験も終わり、今日あたりは履修計画の練り直しをされている方もいらっしゃると
思います。
私の場合、レポを書くのにとにかく時間がかかるので、地学を少しずつ始める予定です。
そして、次年度(今年10月以降)履修予定ですが、「アメリカ政治史」のレポの準備も
始めようかと…
市販テキストなので、今日注文しました。
うれしい!楽しみ!

本当は不合格で戻ってきた「法学」の再レポを書かねばなりません。
また、法学部お茶会で勧められた「民法総論」も履修すべきでしょう。
でも、ちょっとフライングして挑戦してみたいのです。

[PR]
by eminba67mt | 2015-07-06 15:55 | アメリカ政治史 | Comments(6)

えみんばと申します


by eminba67mt