It's time to learn - 慶應通信学習記

<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

レポ返却:日本外交史Ⅰ

提出してから2か月とちょっと。
昨日、日本外交史Ⅰのレポが戻って参りました。

結果は…合格!
高く評価してくださったのはありがたかったのですが、
何よりも「結論の書き方」についてのアドバイスを頂けましたので、
書いたもののまだ提出していない日本外交史Ⅱレポの参考にもしたいと思います。

日本外交史Ⅰは4月の試験で受験する予定の科目です。
Iっささんがおっしゃるように
「歴史は他人に語れるようになってはじめて及第点」ですから
戦争を生き抜いてきた世代の母を相手に
「実はこうだったんだよ」と、とことん語れるよう頑張ります。


[PR]

小石を1個つまんでみる:卒論指導調査票

久しぶりの更新です。

試験が終わってからほぼ2週間。
ずっと卒論のテーマ選定に没頭していました。
そして目の前にいくつかあった最終テーマの中から3つ選択して検討しました。
1つはお風呂に入っているとき、ある仮説が突然頭の中に降りてきて、
あたかもまるで大発見したかのごとく、一瞬その時興奮したのですが、
もちろん学術的にきちんと証明しなければ論文としては成り立たないわけで…
それに私なんぞが考えつくのだから世界中の誰かがとっくに気がついて
もうどこかで発表しているかもしれないわけで…
いやそんなこと、実は研究者の間なら周知の事実で
今さら発表するようなことではないわけで…
しばらく悶々として、結局却下いたしました(汗)
この「自称仮説」についてはいつの日か担当の先生に伺ってみたいと思います。

さて、残るは2つ。
どちらのテーマから本題に迫るか悩みましたが、
いろいろ考えて1つ選択しました。
ただもう1つの方が内容としては面白いので、
こちらも一応予備のテーマとして置いておくことにします。

そんなわけで、今週末は論文構想の作成に取り掛かります。
テーマ選定は本当に悩みましたし、『三色旗』を何度も読み直しました。
しかし…
それでも自分の一番興味のある事について考える時間はやはりシアワセであります。





[PR]

学ぶほどに悩む:卒論指導調査票

試験が終った翌日から卒論指導調査票の提出に向けて
本格的に卒論準備を始めました。

まず、先行研究ですよね。
そのための本や論文を集めて今、必死に読んでいます。
でも読めば読むほど、迷うし悩む~(泣)

テーマを3段階に分けて考えると、
大枠のテーマはずいぶん前から決めていました。
そして1年ほど前、さらにそこからテーマを絞りました。
しかしその先が絞れないのです。
…というのは先行研究すればするほど見えてくるのです。
「もう誰かが結論出してる!」という事実が…(大汗)

以前、学友Sたんが
「『学術論文は先人たちの研究の上に小石をそっと置くようなもの』らしい」と
教えてくれたのに、今、目の前にたくさんの小石がばらまかれてあって
どれを拾っていいのかわからない感じです。

とりあえず、締め切り日まで先行研究を進めていきます。
「これ!」という小石が見つかることを祈りながら…

ところで…卒論を書かれたもしくは執筆中の皆さまは
「卒論執筆日記」のような卒論に取り組み始めてからの記録というか
備忘録みたいなものを何かに記されているのでしょうか。
執筆内容をブログ等で公にすることはできないので、
あくまで自分だけの記録でありますが、
何か形に残されているのかな、とちょっと気になりました。






[PR]

これって嫌がらせ?:トランプ政権新閣僚メンバーに思ふ

そろそろアメリカ大統領の就任式が近づいて参りました!

まあ、トランプさんのことは既にお分かりの通りで(汗)、
「閣僚一流、大統領三流」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
本当にそんなに優秀なメンバーが揃ったのでしょうか?

アメリカ在住の映画評論家である町山智浩さんによると、
なかなか一癖も二癖もありそうなメンバーのようです。
例えば…
新国務長官のレックス・ティラーソンエクソンモービルCEO。
シベリアと樺太にロシアとの合弁事業を行なっています。
ビジネスから手を引くとおっしゃっていますが、大株主でもあります。
就任直前に株を全部売ってしまうのかしら?

新司法長官になるジェフ・セッション上院議員。
公民権運動反対者で人種差別主義者のこの方が
憲法や人権を守る司法長官になりまーす。

新財務長官になるスティーブ・ムニューチン元ゴールドマンサックス幹部。
ウォール街を見張るべき財務長官にウォール街のOBが就任しまーす。

新エネルギー省長官になるリック・ペリー元テキサス州知事。
エネルギー省は核燃料の徹底的な管理をする所にもかかわらず、
エネルギ―省なんてムダだ!廃止すべきだ!と言っていた方が長官になりまーす。

新労働長官になるアンドリュー・パズダ大手ハンバーガーチェーン経営者。
最も安い賃金で労働者をこきつかっている人が労働長官になりまーす。

新環境保護局長官になるスコット・プリュットオクラホマ検事総長。
排気ガス・排水規制に反対し、今まで環境保護局相手に何度も裁判を挑んでいた人が
環境保護局の長官になりまーす。

新保健福祉長官になるトム・プライス下院議員。
オバマケア撤廃論者で保健福祉を止めるとおっしゃる方が
保健福祉長官になりまーす。

新教育長官になるベッツィー・デボス「米国児童連盟」会長。
公立学校廃止論者の方が新教育長官になりまーす。

新中小企業庁長官になるリンダ・マクマホンWWEの元CEO.
全米屈指のプロレス団体の元CEOです。
今までにたくさんの中小プロレス団体をつぶしてきた方が
中小企業庁の長官になりまーす。

「これはアメリカ国民への嫌がらせか⁈」 by 町山さん

これからどうなるか興味津々ですよね、このメンバー。
でもやっぱり一番気になるのは親分その人かな。
あの人が国家の最高機密を知る日が近づいてくるのかと思うと
ざわざわと妙に不安になる今日この頃であります。











[PR]

科目試験を振り返って

科目試験が終わりました~
とっても寒い週末でしたね。
今回は大雪に見舞われた会場もあって、
そちらで受けられた皆さまは本当に大変だったと思います。
お疲れさまでした。

今回、私は地元で受験しました。
会場が小さかったこともありましたが、
到着すると試験会場も自習室も既に暖かくなっていて、
気持ち良く取り組むことが出来ました。
ありがたかったです。

1日目
F群:ロシアの政治
持ち込み可で8冊の本やノート2冊、
その他もろもろ大量の資料をどどんと机の上に乗せたのは不安の表れそのもの。
結局使ったものは自分がまとめたノートと確認のための2冊の本のみでした。
問題は難しいものではありませんでしたが、
なんか余計なこと一杯書いてしまった感じ(汗)
「つい書きたくなる」
これって持ち込み可科目の落とし穴でしょうかねぇ。
今回、受けた4科目の中で結果が1番心配です。

D群:コミュニケーション論
前回の撃沈科目です。
今回はとりあえず「理解している内容」の中から出題されましたので、
なんとか書けました。

2日目
B群:財政論(J)
出るといいなーと思っていた問題でした。
ただし、もう少し内容を膨らませて書くべきだったかもしれません。
論点はずれていないと思うのですが…

A群:ヨーロッパ政治史
2問のうちから1問選択します。
どちらにしようか、しばらく悩んで最初の方にしました。
今朝、朝ご飯の時に急に「130億ドル」という金額が頭に浮かびまして、
昨日書き落としたことに気がつきました…うーむ。
でもなんとかなるかな…なるといいなぁ。

総括
前回「問題見た途端、頭真っ白事件」があったので、
今回の目標は「とにかく解答用紙を埋めること」でありました。
そして評価は気にせず、確実に合格することが第一。
「書けた」と思っても不合格だったことがあったので、
結果が出るまで何とも言えませんが、やりきった感はあります。
お友達に会えなかったのはとても残念だったけど、
地元で受けられたことで試験後も全く疲れていません。
次の目標に向かってエンジンかけていきますよ~








[PR]

試験前日となりました

いよいよ科目試験前日となりました。

今の状況は…
覚えたつもりでも曖昧なところが多々あり、
問題用紙を前に真っ白になる可能性大(大汗)…というところでしょうか。
特にヨーロッパ政治史は人物名や条約名など、
いろいろな言葉が頭の中で混乱してます。

しかし、林修先生も
「試験直前にチェックしていた箇所が出ることも多いです。
 暗記科目はぎりぎりまで諦めずに!」
と、TVでおっしゃっていましたので
明日出掛ける直前までなんとか頑張りたいと思います。


それより今週末は今季最強の寒気がやってきますね~
雪が降らないといいな。
温かくして行ってきます!

 

[PR]

科目試験に向けて:コミュニケーション論

まだ松の内とはいえ、通常モードに戻られた方も
たくさんいらっしゃると思います。
私はと言えば…朝ご飯や夕飯の食卓に登場するおせちの残りを食べることで
短すぎた今年のお正月休みを実感している今日この頃です(遠い目)

そんなわけで科目試験もいよいよ来週末に迫ってきました。
毎度のことですが、記憶力との闘いは尽きることがありません。
コミュニケーション論のテキストは約300頁あり、
第1章から第9章まで分かれています。
ここまで量が多いとどうしても、
理解している箇所、何度読んでも理解できない箇所がおのずと出てきます。
しかし…
理解している箇所が試験に出てくるまで何度でも受験するパワーがありません(泣)
残りの日数でどれだけ覚えられるかわかりませんが、ぎりぎりまで頑張るのみです。




[PR]

新しい年を迎えて

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

年の初めですので、学習計画を考えてみます。
今年はとりあえず8月の夏スクまではエンジン全開で行く予定です。
その後はかなりスピードを落としていこうかと思います。
あくまで希望的観測ですが、
この頃までには卒論に集中できるといいな。

まずは2週間後に来る試験ですね(汗)
確実に単位を取得する必要があります。
3が日の中では今日の昼間が1番時間あるので、今からお勉強しま~す。
夜は…”TV見ながらだらだら飲み”の誘惑に負けそうです(笑)

[PR]