手探り状態…

おはようございます。
曇り空の水曜日の朝。寒いです002.gif

3連休、そして昨日とずっと保健衛生のレポートに取り組んでいました。
しかし、読み返すたびにこれでいいのか、と逡巡の日々。
もし不合格になったらそれはそれでどうしてそうなったか、学ぶことができる。
…と自分に言い聞かせて、とりあえず清書を終えたら今週中に提出する予定です。

[PR]
# by eminba67mt | 2014-11-05 07:08 | 保健衛生 | Comments(4)

知識の泉湧く…

雨の土曜日です。

頭の中が結核の事で充満しております。
1週間前は何の知識も無かったのに。
今は、医療者のための専門資料を読んでも「あ~、そういうことね」なんて理解してちょっとした優越感に浸っています。
しかしながら、レポートはそこから何を問いてどう解決していくか、論理的に書かなければなりません。

無駄な知識007.gifにならないように頑張って取り組みます!




[PR]
# by eminba67mt | 2014-11-01 12:05 | 保健衛生 | Comments(0)

参考文献の引用とは

Happy Halloween 031.gif
明日から3連休です。

さて、保健衛生のレポートのために「結核」に関する本を読み始め、頭の中が結核だらけになった勢いのあるうちにレポートに取り組むことにしました。
所謂、本格的な形式のレポートに取り組むのは初めてですので、書き方に関する参考書を読みながらの手探り状態で下書きを始めました。
短大生の時、卒論を書いた記憶はあります。
確かタイトルは「江戸落語における卑罵語の~云々」よく覚えていません(涙)
当然、どう書いたのかも記憶なし(涙)大昔過ぎる…

とにかく、指示通り、感染や診断などについて書いていくわけですが、元々結核に対する知識が全くといっていいほど無かったので、内容がすべて参考文献から引用したものばかりになってしまいます。
自分の論点も明らかにしなくては…でも2000字しかないし…悩みます。


[PR]
# by eminba67mt | 2014-10-31 23:53 | 保健衛生 | Comments(0)

図書館に行くも…

今月は英語Ⅰに専念して来月になったら保健衛生に取り組むはずが、ちょっとテキストを読んだら内容に引き込まれて全部読み終えてしまいました。
やっぱりこの歳になると、病気の情報は大事ですねぇ。
また、父を長く自宅介護していたこともあり、いろいろと思い当る内容に時間を忘れました。

そこで、レポートを書こうと思い立ち、近くの図書館へ。
まずは「結核」について2000字ですが、参考になる本が見つかりません。
呼吸器疾患ですと、気管支喘息やCOPDについての本ならたくさん並んでいるのですが…
やっと専門書を1冊と関連本を2冊見つけました。

もう少し蔵書数の多い図書館を探さねば!
調べてみると地元の国立大学の図書館が私のような部外者でも使用できるので、今度訪れてみることにしました。
東京に行ったときにいつでも寄れるように国立国会図書館の利用者登録しておこうかしら。
でも日曜・祝日が休館日なのね…えっ、なんでえ~??



[PR]
# by eminba67mt | 2014-10-29 21:00 | 保健衛生 | Comments(2)

曇り空の日曜日。
TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聴いています。
今週は年に一度のお楽しみ。幻の洋梨と言われている果物のプレゼントがありました。
応募する際はその果物の名前をメールに書くか、電話をしてオペレーターのお姉さんに伝えなければなりません。
でもその果物の名前、よく聞き取れません!!
「デュワイエンヌ・デュ・コミス」か「ドゥワイエンヌ・ドゥ・コミス」か、
はたまた「デュワイエンヌ・ドゥ・コミス」か「ドゥワイエンヌ・デュ・コミス」か…
コミスはフランス語で「梨」という意味だそうですが、まだ日本でメジャーな果物ではないので、カタカナ表記がはっきりと決まってないらしいのです。
念のため、安住さん以外にもフランス人女性、綾戸智恵さん、バスの車内放送のお姉さん、伝説のお姉”吉野ママ”にも発音していただきました。
フランス人が発音すると、「ドエンネ・ジュ・コミス」に聞こえる!
安住さんの言うとおり、フランス語や英語やアラビア語の読みにカタカナでカナをふること自体、無理があるわけで、それでも私たちはカナをふって無理やり読んでいるんですね。
日本語って面白い。カタカナがあることで言語として本当に面白くなっている。

そして最後の最後に安住さん、種明かし。
正解は本日の新聞のラジオ欄に載っておりました。


[PR]
# by eminba67mt | 2014-10-26 12:08 | ちょっと面白い話 | Comments(2)