卒論指導日決まる   

今朝、私と同じ先生の指導を受けるお友達から連絡を頂いて、
卒論指導日が決まったことを知りました。

昨年の連絡日より10日ほど通知が遅かったこともあり、
「今回の指導日はかなり先になるのかも~」と勝手に予想して
のんびり構えていました。
が、日付としては昨年より1日早いことになり(ええっ)…今、急激に焦っています(大汗)

前回の指導の最後に「じゃあ次の指導までに第1稿を書いてきますね~」と
すごーーく軽いノリで先生と約束しちゃったものの、
いざ書き始めるといろいろ迷いが生じて現在は中断している状態です。
読んでおきたい文献も後からどんどん出てくるし、
研究から執筆への切り替えがなかなか出来ません。

指導日まで残り1ヶ月弱です。
もう少し...いや、かなり気合を入れて頑張らなくちゃ~!

[PR]

# by eminba67mt | 2018-04-21 14:17 | 卒業論文 | Comments(0)

夏スク...どうしよう   

先週の金曜日の午後、三田キャンパスにてITCアカウントの更新をしてきました。
せっかくなのでその足で映画『ペンタゴン・ペーパーズ』観て、
翌日は『ウィンストン・チャーチル』を観てきました。
ネタばれになるのでストーリーについては語りませんが、
どちらもおススメ!!
そして書き留めておきたくなる素晴らしいセリフが共にありました。



さて...
話題は変わって、夏スクです。
今年は受けない予定でいました。
その時間を使って普段行けない某大学の図書館に篭もり、
卒論執筆に勤しむことを計画していたからです。

ところが夏スクの案内を見てびっくり!
せ、先生が今年スクを担当されるではありませんかっ!
私が入学してから、過去3年間先生がスクをご担当されることは一切なく、
もうスクはやらないんだなーと勝手に思い込んでいました。
なのに...なのに...
うーん。どうしよう…

「あー、やっぱり受けておけばよかったなぁ」と後から後悔するのもいやだし。
一方で貴重な夏休みを卒論にどっぷり注ぎたいという気持ちもあります。
もうちょっと考えてみます。
でも受ける方向に気持ちは傾きつつあります。






[PR]

# by eminba67mt | 2018-04-15 09:36 | 夏スク | Comments(0)

It's Sho Time!   

科目試験を受験された皆さま、大変お疲れさまでした!
私は今回受けずに、ずっと卒論の資料整理をしていました。
最近は平日の空き時間に参考文献を読み、
週末に資料整理しながらすこーしずつ執筆を進めるというところでしょうか。


ところで、今朝の大谷選手は本当に凄かったですね~
朝は忙しいのでTVの前に座ってじっくり観戦するということはできませんが、
それでもチラ見しながら彼のあっぱれなピッチングに興奮していました。
WELL DONE ! Ohtani san!
そう言えば、オープン戦の期間中に大谷くんがいろいろ批判されている中で、
イチロー選手は彼のことを「世界一の才能」と称していましたね。
やっぱりどんな時でも天才は天才を見抜けるんだなー。うん。

一方、サッカーの方はハリルホジッチ監督の解任にびっくりしました。
監督と選手との間のぎこちなさはわかっていたけど、
もう時間がないし、そのままなんとか突き進んでしまうのではないか、
と思っていました。
W杯2か月前の決断がどういう結果を招くことになるのか、要注目です。

が!W杯が始まったら、またお勉強がおろそかになりそう~ううっ...




[PR]

# by eminba67mt | 2018-04-09 11:49 | 世界の出来事 | Comments(0)

新年度が始まりました   

昨日から新年度が始まりましたが、
実際には今日から本格的に動き出していることと思います。

私のところにも先程、本年度の塾生ガイド等が届きましたよ。
ニューズレターと共にサイズが変わったんですね。
いつも保管していた本棚の場所に入りません…(汗)

また慶應通信関係では今月中にITCアカウントの継続申請とメディアの利用登録をする予定です。
それから他大学の図書館利用のための紹介状作成もお願いしなければなりません。
卒論関係でさらに忙しくなりそう…
しっかり体調を整えて頑張りま~す!


[PR]

# by eminba67mt | 2018-04-02 11:34 | 卒業論文 | Comments(0)

卒論は…   

すごーく久しぶりの更新です。

勉強が進まないと...ないのですよ、書くことが...

1月の科目試験が終わった後、上手く卒論モードに切り替えられないまま、
平昌モードに突入しまい、今もなかなか気持ちが乗らない状態です。
しかし、何もしなくても時間はあっという間に過ぎてしまうわけで、
2ヶ月後には次の指導がやってきます。
早いよぉ~

そろそろ重い腰を上げて、じっくり取り組まなければ…
4月の科目試験は受けないので、このまま卒論を続けます。


そう言えば、例の公文書改ざん問題。
ホント腹立つ!
公文書は最も重要な史料でもあります。
事実の隠蔽をされているものが、
もし公文書として成立するならば、
論文を書く意義どころか、
歴史学者の存在意義まで否定することになってしまうではないかと、
とても悲しい気持ちになります。
それほど重いことなのに...うーん。
卒論に取り組んでいる今だからこそ、この問題の深刻さを一層痛感します。









[PR]

# by eminba67mt | 2018-03-19 09:40 | 卒業論文 | Comments(0)