えみんばと申します


by eminba67mt
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

みんなちがって、みんないい

今週の月曜日(日本時間)はアメリカのアカデミー賞の授賞式でした。
既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、今年の受賞者のスピーチは社会的なものが多かったですね。
そんな中、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」で見事”脚色賞”を受賞したグレアム・ムーアのスピーチはとても心を打つものでした。

”When I was 16 years old,I tried to kill myself because I felt weird and I felt different and I felt like I did not belong."
「ボクは16歳のとき、自殺未遂をしました。自分は変わっていて、人とは違っていて、どこにも居場所がないと思っていたからです」
"And I'm standing here and..."
「そしてボクは今ここに立って...」
" so I would like for this moment to be for that kid out there who feels like
she's weird or she's different or she doesn't fit in anywhere.Yes,you do. I
promise you do.You do."
「(かつて自分がそうだったように)この映画をそういう子供たちに捧げます。
自分は変わり者で人と違っていて居場所がないと思っている子どもたちへ。
居場所はあるんだ。約束する。あるんだ。」
"Stay weird, stay different. And then it's your turn and you're standing on
this stage, please the same message to the next person who comes along」
「変なままでいいんだ。違ったままでいいんだよ。そして君の番が来て、君が
 このステージに立ったら、次に来る人に同じメッセージを伝えて欲しい」

拙訳にてごめんなさい。

このスピーチを聞いたとき、なぜか金子みすゞの詩が頭に浮かんで今日のブログタイトルに致しました。


[PR]
Commented by マゼラン at 2015-02-27 22:52 x
うわーー。素敵ですなーー。
そして、訳がまた泣ける!ありがとうございます。
Commented by eminba67mt at 2015-02-28 07:03
マゼランさま
ありがとうございます!
公の場で言いたいことが言える、というハリウッドの懐の深さを感じますよね。
グレアム・ムーアはゲイで幼いころからずっと悩んでいたけれど、彼のこのメッセージで同じ境遇の子どもたちがたくさん、救われるといいな、と思います。
by eminba67mt | 2015-02-26 14:51 | 世界の出来事 | Comments(2)