人気ブログランキング |

ブログトップ

It's time to learn - 慶應通信学習記

ほぼレポ完成:ロシアの政治

もうおとといの話になってしまいますが、タイ戦で勝ち点3が取れて良かったです。
どんなに華麗なドリブルをしてもどんなに何十本とシュートをしても
ゴールをしないと全く意味がないわけで、
それがサッカーの面白さであり、難しさですよねぇ。
しばらくスタジアムに行っていないけど、久しぶりにあの熱気を味わいたくなりました。

さて、「ロシアの政治」のレポがほぼ完成いたしました。
ある政治家の政策についての課題でしたが、
当時のソ連、いや世界にとって激動の時代だったこともあり、
あまりにドラマチックな出来事が次から次へと起こるため、
冷静かつコンパクトにレポにまとめていくことがとても難しかったです。
しかもロシア人の名前…難し過ぎ(泣)…
この科目の試験が持ち込み可なのはこのフクザツな人名のためではないかと
思ってしまうくらいです。

シュワルナゼ…この人は結構有名だからね。
バカーチン…「このバカ―チンがっ!」
ヤコブレフ…まあまあ覚えられる。
ドブルイニン…ん?
シャフナザロフ…むむっ?
アルクスニス…むむむっ?
ランズベルギス…ひえーん!
ベススメルトヌイフ…(卒倒)






by eminba67mt | 2016-09-08 10:12 | ロシアの政治 | Comments(0)