人気ブログランキング |

ブログトップ

It's time to learn - 慶應通信学習記

慶應通信73期さくら組の合格通知が続々と届いているようですね。
合格された皆さま、おめでとうございます!
ぜひ「大人の大学生活」を楽しんでくださいね~


さて!
では今回は私が英語を学ぶ理由について述べたいと思います。


先日、ジャーナリストの北丸雄二さんがラジオで「外国のニュースを知る意義」についてお話しされていました。

私たちは毎日日本語のメディアやSNSでたくさんの情報を得ることが出来ますよね。
もし英語の媒体からも情報を得ようとすると、その量はさらに膨大なものになります。
しかし…
北丸「日本語だけの情報なら知らなくて済んだのに英語での情報を知ったことで暗澹たる気分になることもあります」
確かに日本のメディアでは取り上げなくても、世界中では理不尽で悲惨な出来事が日々起こっています。
北丸「でも外国のニュースを知ることで日本語では全く思いもしなかったことに気づくこともあります」
  「例えばカルロス・ゴーンさんの長期拘留の異質さを唱えたのは日本ではなく、欧米のメディアでした。先日退任を発
   表したJOCの竹田会長についても、既にindict(起訴する)という言葉が使われているのに日本では容疑にすらなって
   いません」
ちなみに同席していたジャーナリストの青木理さんによると日本の新聞で一番読まれないところが国際面なのだそうです。
北丸「私たちは日本語によって(情報を)守られてもいるけど、それは同時に妨げられてもいるのです」
「情報の格差」が今「情報の隔離」となり、「情報の隔離」が結果として「分断」を生むとおっしゃっていました。

実は私、この「情報の隔離」について同じような事をイギリス人の友人から言われたことがあります。
「君は日本にスポイルされているね。それはそれで幸せなことかもしれないけど、もし世界のことを知りたいならば、もっと海外のニュースを見たり聞いたり、海外の新聞を読むべきだよ。日本の新聞だけ信じてはいけない」
10年以上も前に言われたこのことが今もずっと心に引っかかっています。

したがって、「情報から隔離されないため」少しでも英語圏のメディアに触れるべく、英語の勉強を続けています。
もちろんニュースのすべてが理解出来るほどの能力はまだまだありません。
でも世の中にはそれらを日本語に訳してSNSで拡散してくださる”翻訳の神様”がたくさんいらっしゃいますので、
時には神様のお力を拝借しながら英文記事を読んでいます。



もう1つの理由は将来の自分のためですかねぇ。
将来を語るにしては年齢がだいぶ行き過ぎているかもしれませんが…(汗)
家族の都合によっては「終の棲家」が日本でないことも十分にあり得るので、
いつでもどこでもフレキシブルに暮らしていけるよう、準備をしていこうと思っています。












by eminba67mt | 2019-03-29 15:48 | 英語 | Comments(0)

卒業式がなぜあのように楽しかったのか?
それは、私の周りが卒業を共に喜び祝い合うハッピーオーラで溢れていたからだと思います。
皆さまの笑顔に囲まれて、私も1日満ち足りた温かい気持ちで過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございました!



しかしながら!

今はもうすっかり日常に戻ってしまいました…うーん儚いなぁ...


さて、このところいろいろと思うことがあって、
海外、特にアメリカに暮らす日本人の皆さんのvlogをよく観ています。
彼らが異国でどのように暮らし、何を感じているのか、
また語学の学び方についても...
あえてカメラの前で自分の姿をさらけ出してお話しされているブロガーさんたちの表情も
とても興味深く、いつもパワフルな皆さんにたくさんの刺激を頂いています。

特に語学に関する学習法は私と共通するものがいくつかありました。
私の場合は英語ですが、もちろん他の言語でも同様にされている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今、私がやっていることは...
①一冊のテキストを徹底的にこなすこと
6月に英検の試験を受けるつもりなので、現在は過去問に取り組んでいます。
解答はマークシートなので4つの選択肢から正しいものを選ぶ形です。
例えば単語の問題の場合、正解は確かに1つだけなのですが、
残り3つの単語についてもわからないものは必ずチェックして暗記を心がけています。
私の場合、この暗記がね、大変なのですよ~(泣)
記憶力が悪くてツラいところです…はい。

②好きな海外TVドラマをひたすら観ること
1話20分ぐらいの連続ドラマで、登場人物の日常生活を描いたコメディーものを観ます。
ちょっと古いけど有名な「フレンズ」はもちろんのこと、
理系オタク男子4人組の「ビックバン★セオリー」(原題:The Big Bang Theory)が好きです。
ときどき、私には理解不能の理系専門用語が飛び交いますが、
ほとんどのシーンはたわいのない日常会話で物語が進んでいきます。
日本語字幕でまず内容を確認してから、英語字幕でもう一度。
その中で気になるセリフをピックアップして書き出し、覚えたりしています。

③一人妄想英会話
一人で勝手に状況を妄想しながら、一人でしゃべりまくる自主トレ。
家族がいる前では恥ずかしいのでこれは主にお風呂タイムに行ないます。
例えば「オスカーを受賞した女優の檀上スピーチ」とか
   「将来の夢を語るやたら明るい女子大生」とか
   「演技を終えたばかりのフィギュアスケーターのインタビュー」とか
   「今の自分の状況をただ淡々と説明するだけのもの」とか。


①は受験勉強。
②③は英語をコミュニケーションの道具として使うための勉強法です。
②でインプットしてから③でアウトプットする感じかな。
ただ②の場合「それは上司や先生の前では使えません」という言い回しとかもあるので、
相方にチェックしてもらったりしています。



以上が卒業後現在の私の勉強方法です。
慶應通信における外国語履修には役に立たない内容ですみません...(汗)

これから慶應通信に入学される皆さまは、
多くのかたが英語の単位取得から始めるのではないかと思いますので、
テキストが届くまでの間、高校生までの文法の復習をしておくことをおススメしておきます。

外国語を学ぶことって本当に地道で、面倒なところもたくさんありますよね。
でも、なんとかこれからも楽しいことを見つけて勉強していきたいです。


では、自分がなぜ英語を学ぶのか。
そちらについてはまた後ほどお話しいたします。


























by eminba67mt | 2019-03-28 15:18 | 英語 | Comments(0)

夏スク・英語の予習開始

あっついですね~
今日は今年で1番暑いでしょうか。
来月の夏スク…う~ん。耐えられるかなあ。

さて、地学のレポは相変わらず苦戦中です。
7月中に終わらせるつもりでしたが、果たして予定通りに進むか微妙です(汗)

そんな中で、気分転換も兼ねて夏スクの英語の予習も始めました。
既にテキストが手元にあるので、夏スク期間中に予習に追われないように今から準備をしておきます。
正味5日間(6日目は試験のため)の授業でテキスト1冊を終えることはできないと予想されますが、内容も面白いですし、英文も読みやすいため、なんとか全部に目を通して予習ノートが作れそうです。


by eminba67mt | 2015-07-13 15:00 | 英語 | Comments(0)

レポートに追われ、しばらく英語の勉強から遠ざかっていました。
もちろん相方との会話では使いますが、少しぐらい間違っていても向こうもスルーしちゃうし。
それに繰り返し勉強していかないと、せっかく覚えた単語も忘れてしまいます。
これもすべて夏のスクーリングのためです。
どのクラスになるかわからないですが、とりあえず授業についていけるように。
そしてグループワークの際、他のメンバーの迷惑にならないように。
できる準備だけはしようかな、と思っています。

そんなわけで、朝起きた後と夜寝る前にTOEICの問題集に挑戦しております。
せいぜい各10分~15分ぐらいですが、どんなに眠くても自分に課しました。
ある意味…修行です(笑)
短い時間でも毎日やることが大事ですよね。


by eminba67mt | 2015-05-10 12:14 | 英語 | Comments(8)

英語を学ぶ意義

高倉健さんは日本の俳優さんの中で1番オーラのある人だったと思います。
心からお悔やみ申し上げます。

さて、総合教育科目である文学のレポートに取り組んでいます。
やっぱりレポートはテーマについての的確な資料を上手に集めることが大事な肝ですよね。
今回は前述のとおり、アメリカ文学を選びましたので今日も図書館に行って参考文献を借りてきました。
作品そのものを深く知るには舞台となった当時のカリフォルニアが本当はどういう状態だったのか、調べる必要があります。
日本語で書かれた文献探しに煮詰まっていたところ、ふと思ってYahoo(USA)で検索すると…
おおっ、たくさんの資料を見つけることができました。
ただし、当たり前だけど全部英語。
 

私たち慶應通信生が英語を学ぶ意義ってこういうことなのですね。
日本語で書かれた文献・資料だけだと内容的に限られる場合もあります。
英語で書かれた物も読んでみなさい、そのためには英語を学びなさい、という先生方の思いを感じたような気がしました。


日本文学や日本史を学ばれる方も海外でどのようにそれらの学問が学ばれているのか、
興味があるのではないか、と思います。
そのためにも英語は必要なものですよね。

しかしながら…実際にはなかなか大変です!!(泣)



by eminba67mt | 2014-11-18 13:30 | 英語 | Comments(0)

英語長文問題に悩んだら

雨の水曜日です。

英語Ⅰのテキストを読み終えて、レポートに取り掛かる前に思うところあって、
英語長文の読解について最初から復習し直すことにしました。
どうすれば、英文の意味を的確にとらえることができるのか、これはやはり、
トレーニングするしかありません。
そこで、昔、購入した参考書を取り出してみました。
「英語長文講義の実況中継」上級コース(上)本(もと)正弘著 語学春秋社

文字通り、「はい、ここで○○にアンダーラインを引いて」とか「andを四角で囲ってみよう」というように書かれていますので、先生の授業に参加しているようで面白いです。
英語はなるべく、左から右へ、さっと読んでいきましょう、というのが先生の考えている直読法です。
そして英文を/(スラッシュ)で区切っていきます。
It is true that he passed the test.
この場合、
It is true/ that he passed/ the test.となります。
It is true (それは本当だ)何が?
that he passed (彼が合格した)こと。何に?
the test(試験に)
頭の中で日本語に並べかえる必要はなく、そのまま次に付き進め、と先生はおっしゃっています。
つまり、この流れこそ、英文の流れなのです。
このスラッシュ読解法を否定される先生方もいらっしゃるそうなので、この方法を英語を学ぶすべての皆さんにはおススメはしません。
でも、もし興味があったら本屋さんで、まずこの本を手に取って眺めてみてください。
ちなみに初級コースも中級コースも上下巻あります。

長文読解についてはまたブログに書いてみたいと思います。







More
by eminba67mt | 2014-10-22 16:23 | 英語 | Comments(8)

気分転換!

本日、試験を受けられた先輩方、大変お疲れさまでした。
今晩はごゆっくりとお休みください。

さて、英語Ⅰのテキストで文法だけに取り組んでいると元々苦手な私はだんだん憂鬱になってきます。
少し気分転換をするため、好きな海外ドラマのDVD鑑賞へ。
今日は米ドラマ「ホワイトカラー」を見ます。
天才詐欺師がFBI捜査官とコンビを組んで知的犯罪の解決に取り組む内容です。
アメリカでは2009年から放送されていてたぶんシーズン5まであると思いますが、
出遅れている私は、今シーズン2を鑑賞中。
音声は英語で日本語字幕にしていますが、なるべく字幕を見ないように英語のセリフに集中。
簡単な会話なら私でもなんとか聞き取れます。
気になる言い方があるとpauseにして自分でも声に出して言ってみたり。
楽しいなあ。こういう勉強ならいくらでもできるのに。


by eminba67mt | 2014-10-19 16:44 | 英語 | Comments(2)

Rosalindってどなた?

こんばんは。
英語Ⅰのテキストの中の例文によくRosalindさんという名前が出てきます。
例文に使われるにしてはずいぶん変わった名前だな、と始めは思っていましたが、
あまりに頻繁に出てくるので、どういうシーンで登場するのか、段々楽しみになってきました。
「出た!!ロザリンド!!」

でもどうしてTomとかLucyとかではなく、Rosalindなのかと思って、著者である小菅先生のプロフィールを読んでみると、先生はイギリス演劇の研究をされているのですね。
「劇場」という意味の英単語はアメリカ英語で表すとtheaterですが、イギリス英語であるtheatreがテキストでは使われています。
…ということはRosalindはイギリスのお芝居に出てくる人物の名前なのかも、と思い、調べてみると、シェイクスピアの喜劇「お気に召すまま」の主人公の名前でした。
先生の思い入れのある作品なのかもしれません。

しかし、文法の勉強を進めるにつれ、覚えが悪い私はだんだん辛くなってきます。
そのたびに「はしがき」に戻り、「英語の学習にまず必要なのは、積極性と根性である」という先生の激励(と私は思っています)文を読み直し、再び気合を入れています。



by eminba67mt | 2014-10-17 22:39 | 英語 | Comments(4)

英語Ⅶに思ふ

ここのところ、ちょっと寒くなってきました。
でも今週末は天気が良さそうですね。台風が来なくてよかった。
試験のある先輩方、頑張ってくださいね(他人事ですみません008.gif

さて、英語Ⅶですが、いざ清書しようとするとこの訳で良いのか、と迷いが出ます。
翻訳技術を求めていません、と履修要領の中ではっきりとおっしゃっていますので、
英文に忠実に訳そうとしますが、なんか…固いのです、私の訳文。
いかん!映画の字幕のように超訳したくなる衝動にかられる!
本を読むと頭の中でそれを映像化してしまう私の悪いクセです。
髪の色はブルーネットで、ワンピースを着た(あくまで私の想像です)30代、フランス女性。
足を組みながら、バイリンガルの子育てについて、語っているわ。(あくまで私の想像です)

…ちょっと憑りつかれていますね、ワタシ。

しばらく冷静になってから、もう一度訳を見直します。









by eminba67mt | 2014-10-16 10:12 | 英語 | Comments(0)

雨が降り出してきました。
強い台風が来て、我が家の屋根が飛んでいきませんように015.gif

英語Ⅶのテキストを一通り読み終えたので、レポート作りに取り掛かります。
その後、英語Ⅰに進むべきか、保健衛生のレポートをやるべきか、迷っています。
保健衛生の課題は面白そうだけど、資料を集めるのに時間がかかるかなあ。
正式なレポートの書き方も完全には把握していないし。

やっぱり英語Ⅰでしょうか。
1月の試験を英語で固めた方が勉強しやすいでしょうか。

by eminba67mt | 2014-10-13 13:53 | 英語 | Comments(2)