人気ブログランキング |

ブログトップ

It's time to learn - 慶應通信学習記

昨日は大混乱の中、参議院特別委員会において安全保障関連法案が採決されました。
いろいろ思うことあり、自分の中で抱える疑問を解決するためにも
来週、地元で開催される政治に関する勉強会に参加することになりました。
テーマは「政府の安全保障法制にどのような問題があるのか」「立憲主義とはそもそも何なのか」…等です。
講師はなんと慶應大学名誉教授で憲法学者の小林節先生です。(生コバセツ!)
先生は今回の安全保障関連法案には反対の立場ですが、改憲論者でもあります。
憲法18条の「苦役」と徴兵制の関係や国会における二院制についての意義とか、伺いたいことがたくさんあるので、もし直接お話できる機会があればいいなと思っています。

そして明日からは週末スク。
1週間のうちに慶應大学、いや日本の法学界を代表されるお二人の先生の講義が聴けるなんて…♡幸せ者です。

by eminba67mt | 2015-09-18 11:04 | ちょっと面白い話 | Comments(6)

旅の誘惑

試験まであと1ヶ月とちょっと。
これから本格的に試験勉強に集中しなくてはいけないのに
数日前に相方がふと…
「旅に行きたい」と言い出しました。
確かに毎日仕事に追われ、長くゆっくりとした休暇をもう何年も取っていません。
私も2年前まで父の介護に明け暮れていたし、慶応通信で学ぶようになってからも
遠出はしていませんでした。
「では、NYに行きましょう。本が買いたいし…」と提案するものの、
「NYではリラックスできない」と早々に却下。

…というわけでいつ行けるのか、はたまたどこへ行くのかも全く決まっておりませんが、
つい、いろいろな方の旅行記ブログを読みふけってしまいます。
いかん!試験勉強&週末スクの予習せねば!
あ…でも旅の誘惑が…

by eminba67mt | 2015-09-12 13:38 | ちょっと面白い話 | Comments(2)

新年に思うこと

明けましておめでとうございます。
慶応通信の諸先輩方、そして同期生の皆さま、今年もよろしくお願い申し上げます。

新しい年を迎えて、昨年と変わらずエンジン全開で頑張っていこうと思っております。
もちろん、レポートにも果敢に取り組んでいきたいし、試験も悔いなくやり切りたい。
アメリカの大統領選も本格的にスタートするから、ヒラリーの動向をずっとウォッチしていきたいし、でも専攻とは関係なく、坪内逍遥や二葉亭四迷などのあの頃の日本の文学にももっと触れてみたい。

本当にできるかどうかはかなり怪しいですけれど、年頭の抱負としてはちょっと欲張りの方が良いですよねぇ。

by eminba67mt | 2015-01-01 11:24 | ちょっと面白い話 | Comments(7)

明菜さま

全盛期は特別ファンではなかったけれど、同年代として彼女の復帰はとてもうれしいです。

カラオケでもたくさん歌ってきたし、「セカンド・ラブ」は今でも名曲だと思っています。

大晦日の夜に楽しみが出来ました。

by eminba67mt | 2014-12-29 16:09 | ちょっと面白い話 | Comments(0)

ちなみに花組芝居のタイトルの中では「真夏...」でなく、「夏の…」となっておりますが、ここは坪内先生に敬意を称して先生の訳された通り、「真夏の…」といたします。

この「真夏の夜」は夏至祭前夜のことで、イギリスにはその夜に魔女や精霊たちが現れるという言い伝えがあるそうです。(花組芝居「夢邪想」パンフレットより)
日本のお盆にどことなく似ていますね。
芝居の最初に森の妖精たちの踊りは日本三大盆踊りのひとつである秋田県の西馬音内盆踊りを参考にされています。
顔を布で隠して踊るその姿は犬神家の佐清の姿ともリンクしているように感じました。
ただ、日本のお盆と異なるのは、その夜、人々が思い切り解放されて弾けてしまうことなんです。

昭和18年学徒出陣前の医学生が森に迷い込み、一夜の夢を見るお話はとても暴力的でエロティックでありました。
シェイクスピアの「真夏の夜の夢」からも同じ匂いがすることでしょう。
ぜひ、機会があれば、こちらの舞台も観てみたいと思います。





by eminba67mt | 2014-12-25 14:33 | ちょっと面白い話 | Comments(0)

花組と言っても宝塚ではありません。
先週の土曜日、池袋の”あうるすぽっと”という劇場に
花組芝居という劇団のお芝居を観に行ってきました。
花組に出会ってから早20年。役者は全員、男性です。
毎回、刺激的で妖艶な舞台を見せていただいております。
今回は「夢邪想ーシェイクスピア”夏の世の夢”より」です。
脚本は青年座の女優さんでもある秋乃桜子さん(役者名は山像かおりさん、声優としても活躍されています)。
演出は劇団主宰の加納幸和さん。
加納さんは日大芸術学部出身ですが、卒業論文で芸術会賞を受賞した才能の塊です。
卒論で担当教授を超えるものを書くって凄過ぎません?尊敬いたします。

作品は確かに「真夏の夜の夢」をベースにしていましたが、翻訳モノではありませんでした。
舞台は昭和18年の日本。
パンフレットに記載されていた通り、雰囲気はシェイクスピアというよりは横溝正史の世界でした。
また秋乃さんが坪内逍遥訳の「真夏の夜の夢」を参考に書かれたためか、セリフ回しもその当時の話し方をしており、さらに淫靡な世界になっておりました。
「真夏の夜の夢」の中では妖精パックによって、登場人物たちの人間関係が崩れていきます。
横溝正史「犬神家の一族」でも佐清(すけきよ)の登場によって、犬神家の統制が崩れていきますよね。
そこに共通性を見出す加納さんはすごい人だな、と思います。

長くなりましたので、続きはまた後で。



by eminba67mt | 2014-12-22 09:35 | ちょっと面白い話 | Comments(0)

最高裁国民審査って何?

来たる14日は衆議院選挙ですね。
あまり盛り上がっていないし、誰に投票していいのかもよくわからない。
でも、680億円も費用がかかっているんだから棄権するのもしゃくだし、
何よりも安倍政権に4年間の白紙委任状を渡す勇気がありません。
そして「ああ、あの選挙の時が…」って後から後悔したくないので、とりあえずよく考えて投票したいと思います。

ところで、同時に行われる最高裁国民審査についていったい何人の方が理解して
投票しているのでしょうか?
お恥ずかしい話ですが、法学部で学ぶ身ながら私自身もよくわかっていませんでした。
そこで、この「ポリタス」《 http://politas.jp/》というサイトをチェックしてみてください。
いろいろな方の意見を知ることができますよ。
ぜひ参考にして、投票に行ってみてはいかがでしょうか。


by eminba67mt | 2014-12-10 07:37 | ちょっと面白い話 | Comments(4)

参考文献を読むだけで精いっぱいの毎日ですが、たまにはただ楽しみのための本も読んでみたいものです。
BS日テレで日曜日の夜6時から放送されている「久米書店」は著者と司会の久米宏さん、壇蜜さんの3人がその著作について語り合うという番組です。
本選びの参考によく見ていますが、昨日は…
「『先送り』は生物学的に正しい」宮竹貴久(講談社+α新書)でした。
宮竹さんは岡山大学の生物学の先生です。
ハエの研究でロンドン大学にいらしたそうで、
「ええ、ちょっとハエでロンドンまで…」となかなか他の人が言わないセリフをさらっとおっしゃる方です。
私が聞いていて面白いと思ったのは、働きアリの話。
全体の20%は働いてないそうです。
でも、いざアリの集団の中で問題が発生した時には出動して解決に当たるとのこと。
つまり、100%みんなが働いているともし何か問題があったとき、そのことで集団が一斉に崩壊してしまう恐れがあるそうなんですねえ。

先週は精神科医である片田珠美先生の
「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書)でした。
これも面白かった。
心理学を学ばれる方には興味深いかもしれません。


「先送り」は生物学的に正しい、と言われても遅れたレポートの言い訳にはなりませんので
勉強に戻ります。




by eminba67mt | 2014-11-17 10:50 | ちょっと面白い話 | Comments(4)

曇り空の日曜日。
TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聴いています。
今週は年に一度のお楽しみ。幻の洋梨と言われている果物のプレゼントがありました。
応募する際はその果物の名前をメールに書くか、電話をしてオペレーターのお姉さんに伝えなければなりません。
でもその果物の名前、よく聞き取れません!!
「デュワイエンヌ・デュ・コミス」か「ドゥワイエンヌ・ドゥ・コミス」か、
はたまた「デュワイエンヌ・ドゥ・コミス」か「ドゥワイエンヌ・デュ・コミス」か…
コミスはフランス語で「梨」という意味だそうですが、まだ日本でメジャーな果物ではないので、カタカナ表記がはっきりと決まってないらしいのです。
念のため、安住さん以外にもフランス人女性、綾戸智恵さん、バスの車内放送のお姉さん、伝説のお姉”吉野ママ”にも発音していただきました。
フランス人が発音すると、「ドエンネ・ジュ・コミス」に聞こえる!
安住さんの言うとおり、フランス語や英語やアラビア語の読みにカタカナでカナをふること自体、無理があるわけで、それでも私たちはカナをふって無理やり読んでいるんですね。
日本語って面白い。カタカナがあることで言語として本当に面白くなっている。

そして最後の最後に安住さん、種明かし。
正解は本日の新聞のラジオ欄に載っておりました。


by eminba67mt | 2014-10-26 12:08 | ちょっと面白い話 | Comments(2)