Rosalindってどなた?

こんばんは。
英語Ⅰのテキストの中の例文によくRosalindさんという名前が出てきます。
例文に使われるにしてはずいぶん変わった名前だな、と始めは思っていましたが、
あまりに頻繁に出てくるので、どういうシーンで登場するのか、段々楽しみになってきました。
「出た!!ロザリンド!!」

でもどうしてTomとかLucyとかではなく、Rosalindなのかと思って、著者である小菅先生のプロフィールを読んでみると、先生はイギリス演劇の研究をされているのですね。
「劇場」という意味の英単語はアメリカ英語で表すとtheaterですが、イギリス英語であるtheatreがテキストでは使われています。
…ということはRosalindはイギリスのお芝居に出てくる人物の名前なのかも、と思い、調べてみると、シェイクスピアの喜劇「お気に召すまま」の主人公の名前でした。
先生の思い入れのある作品なのかもしれません。

しかし、文法の勉強を進めるにつれ、覚えが悪い私はだんだん辛くなってきます。
そのたびに「はしがき」に戻り、「英語の学習にまず必要なのは、積極性と根性である」という先生の激励(と私は思っています)文を読み直し、再び気合を入れています。



[PR]
# by eminba67mt | 2014-10-17 22:39 | 英語 | Comments(4)

英語Ⅶに思ふ

ここのところ、ちょっと寒くなってきました。
でも今週末は天気が良さそうですね。台風が来なくてよかった。
試験のある先輩方、頑張ってくださいね(他人事ですみません008.gif

さて、英語Ⅶですが、いざ清書しようとするとこの訳で良いのか、と迷いが出ます。
翻訳技術を求めていません、と履修要領の中ではっきりとおっしゃっていますので、
英文に忠実に訳そうとしますが、なんか…固いのです、私の訳文。
いかん!映画の字幕のように超訳したくなる衝動にかられる!
本を読むと頭の中でそれを映像化してしまう私の悪いクセです。
髪の色はブルーネットで、ワンピースを着た(あくまで私の想像です)30代、フランス女性。
足を組みながら、バイリンガルの子育てについて、語っているわ。(あくまで私の想像です)

…ちょっと憑りつかれていますね、ワタシ。

しばらく冷静になってから、もう一度訳を見直します。









[PR]
# by eminba67mt | 2014-10-16 10:12 | 英語 | Comments(0)

雨が降り出してきました。
強い台風が来て、我が家の屋根が飛んでいきませんように015.gif

英語Ⅶのテキストを一通り読み終えたので、レポート作りに取り掛かります。
その後、英語Ⅰに進むべきか、保健衛生のレポートをやるべきか、迷っています。
保健衛生の課題は面白そうだけど、資料を集めるのに時間がかかるかなあ。
正式なレポートの書き方も完全には把握していないし。

やっぱり英語Ⅰでしょうか。
1月の試験を英語で固めた方が勉強しやすいでしょうか。

[PR]
# by eminba67mt | 2014-10-13 13:53 | 英語 | Comments(2)

マララさん

曇り空の日曜日。
テキストを開かなくてはいけないのに、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」を聴いて
爆笑しています。
TVでは見せない、ブラックな安住さん。面白すぎ!

昨日は所用が多く、全然勉強できませんでした。
今こそやらねば、と思いつつ、なぜかその前に新聞を広げたら、
ノーベル平和賞を受賞したマララさんのスピーチが英語と日本語で載っていました。


果たして、彼女の願うとおり、授賞式にインドとパキスタンの首相は揃って出席するのでしょうか。
他の紙面では両国の国境沿いで衝突があり、21名亡くなっているとの記事。
核兵器を所有している両国がこれ以上の関係悪化にならないことを祈るばかりです。



[PR]
# by eminba67mt | 2014-10-12 10:35 | 世界の出来事 | Comments(0)

英語Ⅱ& 英語Ⅶ

英語Ⅱのレポートが出来上がったので、もう一度見直したらポストに投函します。

Ⅱは基礎的な内容ですが、例文に使われている熟語の中には英検準1級で出てくるものもあり、
侮れないですね。
まえがきで著者の先生がおっしゃっているようにページ数の制約もあるからでしょうが、「もうこのくらいはわかっているよね」という前提のもとにテキストが作られています。
もし、まだ英語Ⅱを始めていないのでしたら、ぜひ自分の信頼できる参考書と辞書を手元に置いて取り組んでみてください。

Ⅱの後は気分転換も兼ねてリーディングに挑戦します。
英語Ⅶのテキストを開いたときに思ったこと。
「文字が...ちっちゃい...」
小さい文字が見づらくなってきたお年頃の私には、ちときつい。
まず、とりあえず、読みます。
いちいち、後ろに載っている解説をめくっていくのも面倒ですので、わからないところは
とばしてどんどん読み進めていきます。
それから問題に出てくる個所の部分は、PCに(やや)大きい文字で打ち直してからそれらを
改めて訳していこうと思います。

[PR]
# by eminba67mt | 2014-10-09 11:14 | 英語 | Comments(16)